ボカシ肥料づくり

ボカシ作り
カブトムシの幼虫が沢山いる完熟したおがくずがメインの素材

石橋自然農園の野菜は有機栽培、自然栽培(無肥料)しています。

来月から植え付けを始める野菜のために「ボカシ肥」という肥料を作ります。

材料は「米ぬか」「魚粉」「ナタネ」「おがくず」「もみがら燻炭」といった
有機質です。
ボカシ
大型重機でボカシ肥の材料をまんべんなく撹拌します。

これを、適度な水分を含ませよーく撹拌します。

しばらくすると微生物の働きで温度が上がりはじめ、何回か撹拌をして出来上がり。

基本的には無肥料栽培でスタートしますが、野菜の成長を見ながら追肥として使います。

無肥料栽培は「自然農」という栽培方法に出会った20年以上前から実践しています。

「オーストラリア大陸 バイクで横断の旅」から帰ったあと、自然に対する価値観が
変わり、食べ物の「自給」をめざし畑を耕し始めました。

そんな時、一冊の本に出会いました。

「わら一本の革命」福岡正信(著)という本を読んだときの驚きは今でも鮮明に覚えて
います。

堆肥
カヤも大切な土づくりの素材です。

その後、自然農を実践する川口由一さんに栽培法を習い、固定品種の種苗交換会に
参加したり、雑穀を栽培したりサラリーマンをしながら全国を走り回っていました。

そんな中で、自分なりに未来のライフスタイルを思い描くようになり、自給生活の
到達点として「百姓」を生業として選びました。

奥飛騨の山村で時間に縛られず、子供と動物、自然と触合いながら自然豊かな
日本の里山に住んでいられる日々を感謝しながら過ごしています。

今年から、主力商品の「トウモロコシ」「トマト」「卵」販売以外に、自給用として
栽培していた野菜やハーブ類をセットにしてお届けします。

当農園は喜んでくれるお客様の顔が見たくて直売スタイルで野菜を販売しています。

「顔の見えるお客様」が私たちの「宝物」なんです。

石橋自然農園ファンの皆様は「家族」同様、食べ物を通じて「感動」「健康」「幸せ」
をお届けいたします!




 
石橋自然農園 | comments(0) | -

山之村キャンプ場&夕顔の駅レストラン

山之村キャンプ場リニューアルオープン
天空の里「山之村」へようこそ!Welcome to yamanomura

明日23日、いよいよ「山之村キャンプ場&夕顔の駅レストラン」がリニューアルオープンします。

東京からやって来た二人のスタッフが、様々な工夫を凝らしてお客様をおもてなしする準備が整ったようです。

夕顔の駅レストランメニュー
こだわりの食材を使用した里山Cafeの新メニュー organic resutaurant menu

レストランメニューも食材にこだわり、安心安全で「美味しい」を追求したオリジナル料理です。

当農園の平飼いニワトリの「自然卵」を使った「たまご丼」や「シフォンケーキ」もあります。

卵も少量ですが販売しますので、「究極の卵かけごはん」でお召し上がりください。

チェーンソークマ
チェーンソーカービングのクマもお待ちしています。
chainsaw carving bear
 
石橋自然農園 | comments(0) | -

カブトムシが作る完熟堆肥

カブトムシの幼虫
4月も中旬に入り、野菜のたねまきも一段落。

これからは畑の準備が始まります。

苗を育てている間の1か月間は畑の土づくりをします。

当農園は有機栽培で野菜を育てていますので、何年も前から堆肥を作り準備をしています。

土づくりで一番大切なのは「完熟堆肥」です。

完熟の目安となるのが「カブトムシ」なのです。

カブトムシは腐熟した広葉樹に好んで卵を産みます。

完熟堆肥
寝かせておいたおがくずをショベルですくってみると、10センチ近いころころに太った
カブトムシの幼虫がコロコロと出てきました。

このまま畑に漉き込んでしまってはかわいそうなので救出します。

完熟堆肥
夏になれば大きくて元気のあるカブトムシの成虫になって里山ステイに訪れた
子どもたちに喜ばれると思います。


 
石橋自然農園 | comments(0) | -

夏休みは山村留学!今年で10年目突入!!

山村留学
2006年から本格的に始めた「山村留学」も今年で10年目を迎えます。

この10年間に北は北海道、南は沖縄。

そうそう海外から参加もありました。

山村留学の期間は、長い子供で1年間、短くて夏休みや春休みなどに3日から
1週間我が家の家族同様に過ごしてもらいます。

はじまりは、私の投稿した田舎暮らしの体験記事を読んだ親御さんからの一通の
手紙でした。

母子家庭で育児と家事、仕事に追われる毎日で子供と親子としてゆっくり過ごす
機会がないというものでした。



それなら、田舎暮らしがどんなものなのか体験にいらして下さいとお誘いしたと
ころ遠方よりお越しくださり、たった2泊3日の滞在でしたが畑作業や採れたて
野菜での料理作り、満天の星空観察など体験し喜んでお帰りになりました。

これがきっかけでその方とは今でもお付き合いさせていただいています。

その後も田舎で子育てをしたいご家族などの相談をお伺いする中で、子供に
「自然体験」させたい親御さんが多くいることを知り、「飛騨里山ステイ」
の形が出来上がりました。

この10年間、このように続けてこられたのも地域の方の協力もあったからです。

近年、時代の流れなのか「山村留学」のお問い合わせ件数が増えてきました。
もっと多くの子供たちを迎えたい気持ちはあるのですが、夫婦二人の手作り
「山村留学」には受入人数に限界があります。

なので、お断りすることもあるのですが、今後もできるだけ長く続けていきたいと
思っています。

いつか、我が家から巣立って行った子供たちが、お父さんお母さんになって
「お父さん!お母さん!ただいまー!!」と帰って来てくれる日を夢見ています。

今年も全国からどんな子供たちがやって来るか楽しみです。

2016年冬休みミニ山村留学「飛騨里山ステイ」はこちらから

【山村留学を始めるきっかけとなった、田舎暮らしの様子をつづった文章です。】

 2004年11月号掲載記事            2006年10月号掲載記事



 

2016年飛弾里山ステイ | comments(0) | -

行者ニンニクの試験採取

39071.jpg
奥飛騨北アルプス山麓は、「山菜の宝庫」として有名です。

その中でも「幻の山菜」と言われるのがギョウジャニンニクです。

以前は飛騨地方にも多くの自生地があったそうですが、乱獲により
その数は激減しているそうです。

現在インターネットなどで流通している行者ニンニクはほとんどが
北海道が産地です。

7D__08161.jpg
雪が消えた4月。一番に顔を出すのが幻の山菜ギョウジャニンニクです。

当農園は10年前に数株の天然行者ニンニクを譲り受け、「飛騨産」
行者ニンニクの保護と育種を続けてきました。

行者ニンニクは一度刈り取って収穫してしまうと翌年は発生せず、
株が回復するまで数年かかるデリケートな山菜だそうで、ここ数年
葉を数枚収穫するだけにとどめています。

IMG_39091.jpg
育種から10年が経ち株数も増加した行者ニンニク

今回、この行者ニンニクも株数も増えたので試験的に採取してみる
事にしました。

採取は株を傷めないよう最小限にするつもりです。

1036.jpg
毎年大きな株から少しずつ株分けして増殖してきました。

試験採取したギョウジャニンニクは石橋自然農園WEBショップ
頒布しますので、興味のある方はご覧ください。
 
石橋自然農園 | comments(0) | -

ニワトリと暮らす

IMG_20160407_111730.jpg
ヒヨコも誕生から1か月が経ち、体もずいぶん成長しました。

毎日天気の良い日は日光浴と砂浴びをさせ、夜は暖かい室内に移動し家族全員で
世話をしています。

この子たちも秋になれば健康な美味しい卵を産んでくれます。

それまで、たくさん運動させ野草や昆虫、土など大地の恵みをいっぱい食べさせ
健康な親鳥になってほしいと思います。

IMG_20160407_1108031.jpg



 
石橋自然農園 | comments(0) | -

ベタの繁殖

7D__06171.jpg
その時はある日突然やって来ました。

ベタのオスを飼育する水槽に、ペアリングのため別容器に入れたメスを入れていました。

外出先から帰ってみるとメスのベタが容器から飛出し、オスと一緒に泳いでいたので
観察していると、まもなく交尾が始まったのです。

オスがメスの身体を巻付くように抱きかかえると、10粒ほどの卵が水中に放出されます。

7D__06611.jpg
その卵をオス・メスで口でくわえると泡でできた巣まで運んでいます。

産卵の翌日、卵の中心には白い核が見えます。
7D__07281.jpg
ベタが興奮しないように静かに見守ります。

水槽の周りには苔テラリウムを置いて落ち着いた環境を演出します。
7D__07301.jpg
そして、産卵から二日後。

ついに稚魚が誕生しました。その大きさは1.5mmほどしかありません。


7D__07441.jpg
稚魚は泡にぶら下がり時々泳ぎ回っています。

7D__07421.jpg
まだ上下にしか泳げないので、オスが泡の巣から離れた稚魚を口でくわえて一生懸命
巣まで運んでいます。

その、姿がなんとも献身的でずーっと見ていられるのです。

しばらくは稚魚のお腹の栄養で生育するらしいのですが、そのあとのエサやりが大変
そうです。

 
田舎暮らし | comments(0) | -

薪割り体験が育むこと・・・

DSC_05141.jpg
冬に薪ストーブで焚く薪は、今の時期に山から伐り出して割ってから乾燥させます。

毎年大量の薪を割るので、薪割りは家族総出の一大イベントとなっています。

我が家では、小学生に入学すると斧の扱いを教えます。

大人の使う斧ですからかなり重たいのですが、少しずつコツを覚えて上手に割ってくれます。

中学生になればチェーンソーも扱えますので、子供たちだけで薪を作れます。

IMG_20160330_115005.jpg
薪割りは、手伝いをしながら樹木の種類や性質を知る良い勉強にもなります。

樹種によって同じ長さでも重さが違ったり、割れ方が違ったり、香りも違います。

また、節のある薪をどうしたらまっすぐに割れるか考えながら作業しています。

こういった体験が出来るのは、田舎暮らしならではですね。

割った薪は乾燥しやすい場所に積み上げるのですが、これも免許がいるほどコツが
要ります。

IMG_20160330_115129.jpg
中学1年の長女と妻が担当し、崩れないように慎重に薪の壁を作り上げます。

こうして一夏乾燥させた薪は、飛騨の寒い長い冬でも私たちを温かく包んでくれるのです。

1本の薪の有難さが分かる良い体験だと思います!
田舎暮らし | comments(0) | -

ダイヤモンドダスト

今朝はとっても冷え込んだので玄関サッシも氷でカチコチ。

温度計を見るとマイナス12度。

空は雲一つない青空なので絶好の撮影日和です。

早速カメラを用意して厳冬期の「天空の里」撮影に向かいました。




下之本集落と北之俣岳と黒部五郎岳

マイナス10度以下になると、薪ストーブ煙突の煙も一段と白く漂います。


清流沿いの樹木は樹氷でキラキラ輝いています。

清流からは川霧が発生します。


田んぼの水路からは水蒸気が上がり、外気で一気に冷えダイヤモンドダストになります。

 

田舎暮らし | comments(0) | -

山之村特産 寒干し大根まもなく完成です

寒中から始めた寒干し大根ですが、最終の乾燥に入り間もなく完成です。

今年の大根は12月上旬まで雪が少なかったため、何度も霜に当たり糖度がとっても高くなりました。

生でかじるとまるで梨のようです。その糖度なんと7.5度!

この「高糖度だいこん」で作った寒干し大根も糖分で手がべたつくほどです。

砂糖もみりんもいらない、寒干し大根のみの天然の甘さを是非お試しください。

只今ご予約を承っておりますので、下記からご注文くださいね。

http://www.yamanomura.com/tokusannhinn.htm

寒干し大根
梨のように甘い大根を収穫時に子供たちはかじっていました。


大根をすりおろし糖度計で計ってみるとなんと7.5度もありました。



 
寒干し大根 | comments(0) | -