<< 食べる輸血「ビーツ」 | main | 奥飛騨山之村 寒干し大根  >>

寒干し大根の季節

 

おはようございます。今朝は寒かったですね!

 

天空の里「山之村」12月12日(月)の今朝の気温は・・・

ナント、マイナス10度

 

今季初めて最低気温を更新しました。

 

この極寒の季節が良質な「寒干し大根」を作るのに欠かせない条件の一つです。

 

でも、来月5日の「寒の入り」まで寒干し作りはもう少しお預け。

 

 

それは、昔から作り続けられてきている寒干し大根は、1年で最も寒くなる「寒中」から作り始めるからなんです。

寒い日にはマイナス20度近い中、吐く息を凍らせながら作るんですよ。

 

2m近い雪を堀りあげ、土室(つちの中で保存)で保存した大根は湯気を上げます。

土の中でちゃんと呼吸しているんですね。

 

さて、寒干し用の大根とは別に、今年初挑戦の大根づくりがあります。

 

氷点下10度を超えると樹氷が見られます。

 

それは・・・。

 

続きは次回にアップしますのでお楽しみに!

 

石橋自然農園は無農薬自然栽培で伝統野菜、固定品種を中心に野菜を栽培する奥飛騨の「小さい農家」です。

 

FBでも農園の様子を公開していますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

寒干し大根 | comments(0) | -
 
Comment