<< 第4回 キノコガイドツアー | main | もみ殻くん炭づくり >>

今年度最後のキノコガイドツアー

しっとり雨に濡れたキノコは、森の中で輝いています

 今年度最後の「キノコガイドツアー」は、台風27号の影響を大変心配していましたが直撃を受けることなく、小雨の中でしたが実施できました。

山之村周辺の標高1,000m前後の山々は、今が紅葉の真っ盛り。

赤や黄色に彩られた美しい森の中で野外講習会が始まりました。

雨でぬれた落葉は、キノコの色によく似ていてなかなかキノコが見つかりません。

それでも事前の屋内講義で、今頃よく発生がみられるキノコの特徴などについてじっくり勉強しましたので、切り株や倒木を中心に探してみると・・・。

ありました!

茶色く光るキノコが株になって発生しています。

苔むした切り株から発生するキノコは、まるで芸術作品のようです。

一つずつ大切に手に取り、その特徴をしっかり記憶します。

すると、今まであまり見えなかったキノコが急に目に飛び込んでくるから不思議です。

徐々に参加者の籠はキノコで一杯になっていきます。



今回は今年最後のガイドツアーでしたので、いつもより屋外講義に時間をかけ下山。

キノコ料理用とお土産用のきのこもたっぷり収穫できてみなさん満足そうでした。


来年も再会することをお約束し、全コース無事終了いたしました。


遠くからお越し下さった参加者の皆様方には大変感謝いたします。

キノコから奥飛騨の自然の豊かさ、生物の多様性を今後もお伝えしていきます。


ありがとうございました。



苔むした切り株には、美しく輝くキノコが群生していました。

足元にも目の先にもキノコがびっしり発生しています。

落葉をそっと除けると、そこにはキノコがいっぱい。

籠の中は採れたての野生キノコがいっぱいです。

下山してキノコの選別が始まります。

美味しいキノコは参加者が手分けして下ごしらえします。

採れたキノコをたっぷり入れた贅沢なキノコ汁。キノコの出汁で汁は黄色です。



2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -
 
Comment