夏休み短期山村留学「飛弾里山ステイ」始まりました❗

10年目を迎える山村留学が本日から本格的に始まりました。

 

今年は初回から参加してくれた高校生がスタッフとしてお手伝いに来てくれて、とても賑やかな飛弾里山ステイになりました。

 

都会暮らしの子供たちに、奥飛騨の大自然の中でのびのび過ごして欲しいと願い、我が家の家族と同じ暮らしを体験してもらっています。

 

当農園の農作業を体験しながら、野菜のことだけでなく野性動物の習性や水や森のことなど体で感じてもらっています。

 

初めて参加してくれた子供達はすぐに山の子に変身しました。

 

2016年飛弾里山ステイ | comments(0) | -

夏休みは山村留学!今年で10年目突入!!

山村留学
2006年から本格的に始めた「山村留学」も今年で10年目を迎えます。

この10年間に北は北海道、南は沖縄。

そうそう海外から参加もありました。

山村留学の期間は、長い子供で1年間、短くて夏休みや春休みなどに3日から
1週間我が家の家族同様に過ごしてもらいます。

はじまりは、私の投稿した田舎暮らしの体験記事を読んだ親御さんからの一通の
手紙でした。

母子家庭で育児と家事、仕事に追われる毎日で子供と親子としてゆっくり過ごす
機会がないというものでした。



それなら、田舎暮らしがどんなものなのか体験にいらして下さいとお誘いしたと
ころ遠方よりお越しくださり、たった2泊3日の滞在でしたが畑作業や採れたて
野菜での料理作り、満天の星空観察など体験し喜んでお帰りになりました。

これがきっかけでその方とは今でもお付き合いさせていただいています。

その後も田舎で子育てをしたいご家族などの相談をお伺いする中で、子供に
「自然体験」させたい親御さんが多くいることを知り、「飛騨里山ステイ」
の形が出来上がりました。

この10年間、このように続けてこられたのも地域の方の協力もあったからです。

近年、時代の流れなのか「山村留学」のお問い合わせ件数が増えてきました。
もっと多くの子供たちを迎えたい気持ちはあるのですが、夫婦二人の手作り
「山村留学」には受入人数に限界があります。

なので、お断りすることもあるのですが、今後もできるだけ長く続けていきたいと
思っています。

いつか、我が家から巣立って行った子供たちが、お父さんお母さんになって
「お父さん!お母さん!ただいまー!!」と帰って来てくれる日を夢見ています。

今年も全国からどんな子供たちがやって来るか楽しみです。

2016年冬休みミニ山村留学「飛騨里山ステイ」はこちらから

【山村留学を始めるきっかけとなった、田舎暮らしの様子をつづった文章です。】

 2004年11月号掲載記事            2006年10月号掲載記事



 

2016年飛弾里山ステイ | comments(0) | -
1