今年度最後のキノコガイドツアー

しっとり雨に濡れたキノコは、森の中で輝いています

 今年度最後の「キノコガイドツアー」は、台風27号の影響を大変心配していましたが直撃を受けることなく、小雨の中でしたが実施できました。

山之村周辺の標高1,000m前後の山々は、今が紅葉の真っ盛り。

赤や黄色に彩られた美しい森の中で野外講習会が始まりました。

雨でぬれた落葉は、キノコの色によく似ていてなかなかキノコが見つかりません。

それでも事前の屋内講義で、今頃よく発生がみられるキノコの特徴などについてじっくり勉強しましたので、切り株や倒木を中心に探してみると・・・。

ありました!

茶色く光るキノコが株になって発生しています。

苔むした切り株から発生するキノコは、まるで芸術作品のようです。

一つずつ大切に手に取り、その特徴をしっかり記憶します。

すると、今まであまり見えなかったキノコが急に目に飛び込んでくるから不思議です。

徐々に参加者の籠はキノコで一杯になっていきます。



今回は今年最後のガイドツアーでしたので、いつもより屋外講義に時間をかけ下山。

キノコ料理用とお土産用のきのこもたっぷり収穫できてみなさん満足そうでした。


来年も再会することをお約束し、全コース無事終了いたしました。


遠くからお越し下さった参加者の皆様方には大変感謝いたします。

キノコから奥飛騨の自然の豊かさ、生物の多様性を今後もお伝えしていきます。


ありがとうございました。



苔むした切り株には、美しく輝くキノコが群生していました。

足元にも目の先にもキノコがびっしり発生しています。

落葉をそっと除けると、そこにはキノコがいっぱい。

籠の中は採れたての野生キノコがいっぱいです。

下山してキノコの選別が始まります。

美味しいキノコは参加者が手分けして下ごしらえします。

採れたキノコをたっぷり入れた贅沢なキノコ汁。キノコの出汁で汁は黄色です。



2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -

第4回 キノコガイドツアー

ガイドツアーの朝。快晴の本日は、朝霧に差し込む太陽の光が美しい。

 今回のお客様は、自然ガイド研修時代の同窓生。

毎年、大勢のご友人を誘って参加下さいます。

昨日の雨から、今日は一転して快晴のお天気。

心も体も弾みます。

キノコ狩りは初めてという方が多かったので、見つけやすいポイントや

探し方をしばらく一緒に歩いてレクチャーします。

次第に目が慣れ、キノコを発見できると歓声が響きます。

今回のポイントも普段から管理している山なのですが、タイミングがぴったり
合い、たくさんのキノコが収穫できました。

いつもの様に調理実習。

お客様には2名の旅館経営者がいらっしゃったので、お料理はお手の物。

美味しいキノコ料理をありがたく頂戴いたしました。

キノコに目が慣れるまで、発生場所や探し方のコツをレクチャーします。


自分で見つけた、キノコに思わず笑顔がこぼれます。

管理された里山なら、初心者の方でもこんなに自然の恵みをいただけます。
2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -

第3回 キノコガイドツアー

かわいい森の妖精(きのこ)に出会えて思わず笑顔がこぼれます。

 今朝は雨。

参加者の集合時間までにやんでくれるよう願ったのですが、冷たい雨が

しとしと降り続きます。

でも、今回の参加者は雨にも負けないアウトドアー好きの20代から30代の

山ボーイ、山ガールばかり。

元気に山に向かいます。

今秋からは会場を変えて広葉樹の森に。

それは、この時期からは広葉樹から発生する木材腐朽菌が多いからです。

キノコにも、発生する季節があります。

雪解けから見られるキノコ。真夏の暑い時期にみられるキノコなど。

そのため、ツアーの開催時期によって会場を変えます。

雨が降っているおかげで、普段は見つけ辛いキノコも光って良く見えます。

目が慣れてくるとあるはあるは!

ナラの切り株に目的のキノコがたくさん発生しています。

山での野外講習が終わり、調理実習に。

たくさんのキノコは食べきれず。お土産にお持ち帰りいただきました。

雨のお陰で、思わぬ収穫に参加者の皆さんに喜んで頂けたツアーでした。

雨のお陰で光ってよく見えるキノコ

目が慣れてくると次々にキノコが目に飛び込んできます

籠の中は美味しいキノコで一杯です。

たくさんのキノコを種類別に選別します。

山の恵みは、採った人だけの最高のプレゼント。美味しくいただきます。




2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -

キノコガイドツアー2日目

 
やっとキノコが見つかり、思わず笑顔がこぼれます。

3連休最後も雲一つない快晴に恵まれ、ガイドツアー2日目に入りました。

今日は、昨日自分たちで編んだ籠をもって野外講習です。

きのこと樹種、森の関係などを中心に勉強し、いよいよキノコ探しが始まり
ます。

キノコに目が慣れるまで、足元にあっても気が付かない参加者も徐々にいろんな
キノコが目に入るようになります。

調理実習用のキノコも採取できたところで下山し、今回初のサプライズ体験メニュー
「野点(のだて)」を始めます。

参加者の皆様には黙っていたメニューだったので、みなさん驚き顔。

畳まで持参する気合の入った体験です。

鉄瓶で湯を沸かし、和菓子を食べている間に抹茶経験者の参加者の女性に、お茶を
立ていただきました。

秋の澄んだ青空と木々の木漏れ日の中、美味しいお抹茶をいただきました。

山を下りてから、調理実習に入り美味しいキノコ料理と郷土料理の数々に舌鼓
を打ち2日間のキノコガイドツアーも無事終了しました。

目が慣れてくると次々にキノコが見えてきます。


手作りの籠は、大切な宝物ですね。エコバックにも使ってください(笑)


サプライズメニューの野点。森の中で美味しい抹茶と和菓子をいただきます。

私も参加者の入れてくれた美味しいお抹茶をいただきます。

山から帰ると、キノコ料理と郷土料理の御馳走が待っています。
2013年キノコガイドツアー | comments(1) | -

第2回 キノコガイドツアー

講師の先生が制作した籠を手本に制作に入ります。

 今日から2日間のキノコガイドツアーが始まりました。

今回は1泊2日のガイドツアーです。

毎年参加いただいているNさんたちは神戸、大阪方面からお越し頂いてい
ます。

例年は、2日間とも野外講座実施するのですが、今年はメニューを変えて

1日目にキノコ狩りに使用する腰カゴ作りを体験していただくことにしまた。

講師は、以前ガイドツアーに何度も参加いただいた愛知県のKさん達です。

kさん達は参加者の立場から、今では自然学校を陰で支えてくれる協力者
の一人です。

今回のかご作りメニューもKさんのご提案です。Kさんはかご作りの名人なの
で講師も引き受けていただきました。

使用する材料は梱包に使用するPPバンド。色もたくさんあり丈夫なため私も
愛用しています。

4時間の講座ですが、参加者の皆さんは休憩時間も惜しみ真剣に籠編みに集中
しています。

皆それぞれ好みのカラーデザインで制作し、何とか時間内に完成しました。

明日の野外講座では、出来立ての手作り腰カゴを持って、山に入ります!

籠の底の部分から編みはじめ、徐々に立ち上げていきます。


小学生の子供も大人に交じってかご作り。


好みのカラーデザインで徐々に籠らしくなってきました。


とっても丈夫で素敵な籠が完成しました。
さて、明日はどんなキノコがこのカゴに入るのか?

2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -

第1回 キノコガイドツアー

大きなキノコが株もとにびっしり生えています。

 今年第1回目のキノコガイドツアーが開催されました。

三重県から参加いただいたIさん達は、渓流釣りの名人。

渓流を歩いていると、様々なキノコに出会うことあるそうです。

そこでキノコの勉強をしたいということで参加をいただきました。

初日はキノコが発生しやすい自然環境や地形の勉強を中心に講義
に入ります。

キノコが好む木の種類も、実際に森を歩きながら解説します。

この時期に発生が予想されるキノコは数種類あります。

目的のキノコを探しながら森の中を歩くと、ありました!

予想は的中!

まさにこれから最盛期に入るところです。

昼食にいただく分だけ採取し2日目の野外講義は終了。

美味しいキノコ三昧の昼食を食べ、来年参加の嬉しいお言葉をいただき
解散です。

また、来秋のご参加をお待ちしていまーす。

広葉樹の立ち木に、うどんの具にとってもあう美味しいキノコを発見です。

このきのこも汁物や天ぷらにとても合う美味しいキノコです。

お土産用に、自分たちで採取したキノコをキノコの詰合せにしました。

出汁はキノコだけでとります。これがキノコのうま味が凝縮しとっても美味しいんです!

秋ナスとキノコの天ぷらはうどんにばっちり会います!

2013年キノコガイドツアー | comments(0) | -
1