ピュアホワイトの予約開始

IMG_8143.jpg

大型の台風11号も去り、東海地方に梅雨明けが宣言されました。

畑のピュアホワイトは強風による被害も少なく、順調に成長してくれ一安心です。

4月下旬の種まきから約90日・・

思い返せば様々な苦労の連続でした。

IMG_8137.jpg
でも、今年は「石橋自然農園」の看板を上げたので、多くの方に「安心」・「安全」・「美味しい」野菜を
食べて欲しい・・。そんな思いで連日畑に通い猛暑の中で作業を続けてきました。

定植時にはヨトウムシに苗をことごとく食べられ・・

雨が降り気温が上がると、マルチも除草剤も使用していないのでイネ科の草がグングン伸びるので手で刈り・・。

葉が成長してくると、今度はそれを狙ってマイマイガの幼虫が食害するので、箸で一匹づつ駆除・・。

台風の強風で倒れないよう紐を張り、害獣に食べられないよう電気柵を張り巡らします。

それでも「安心」・「安全」・「美味しい」を理念に薬剤不使用の自然栽培にこだわります。

さて、そんな苦労も報われる収穫期が迫って来ましたので、現在「ピュアホワイト」の予約を受け付けています。

石橋自然農園HPより受け付けておりますのでご覧ください。

応援よろし御願いします!
IMG_5934.jpg
昨年はがっしり実がつまった400g越えの3Lサイズもたくさん収穫できました。


 
ピュアホワイト | comments(1) | -

ピュアホワイトの販売終了です

道の駅「スカイドーム」の朝市で販売されるピュアホワイト
 初出荷からちょうど1週間。明日で今年度産ピュアホワイトは販売を終了します。
地元朝市で多くのお客様にご購入いただき、感謝しております。
来週からは固定種であるエアルームトマトの収穫が最盛期を迎えます。
エアルーム種の特徴として
1.品種が豊富で色、形、大きさ、果肉の特徴が様々である。
2.オーガニック・有機栽培向き品種が多い。
3. 自家採取ができる。
が挙げられます。
固定種には植物自身が病害虫に対する抵抗性を持ち、その土地の気候や土質に適応能力があります。
化学肥料や農薬に頼らない、農業に適した品種ともいえるでしょう。

オレンジとイエローのゼブラ模様が美しいエアルーム種トマト
秋野菜用の畑の準備が始まりました。これは寒干し大根用の大根栽培圃場です。
ピュアホワイト | comments(0) | -

ピュアホワイトの販売開始しました

 
先端までびっしり実の詰まった山之村産無農薬「ピュアホワイト」

ピュアホワイトの販売を始めました。

初日は神岡町にある道の駅「スカイドーム」内の朝市へ出荷。

収穫はピュアの糖度が最も高いとされる「朝採り」

店頭に並べた瞬間、県外から見えた観光客の皆さんに囲まれてしまいました。

口頭の説明より、試食していただくのが一番早いのでその場で皮をむき食べていただきました。

口に入れた瞬間「甘い!」の声がお店に響きます。

「こんなに甘くてみずみずしいトウモロコシは食べたことがない!」

と皆さんにおっしゃていただきました。

90日間無農薬で手塩にかけて育てた苦労が報われた瞬間です。

これだから対面販売はやめられません。

遠方の方には発送もしておりますので、ご利用ください。

ピュアホワイト | comments(0) | -

ピュアホワイト栽培レポート

 

無農薬、有機栽培で栽培挑戦2年目のピュアホワイトも、収穫時期を迎えました。

ピュアホワイトは真珠のような美しいパールホワイトをしたトウモロコシで、甘みが
きわめて強く、果皮は柔らかで大変おいしいトウモロコシということで、ネット通販
を中心に話題になっているトウモロコシです。

その栽培地のほとんどが北海道産が現状で、内地のスーパーなどではあまり取り扱い
がありません。

種苗メーカーの基準を超える大きさと糖度のピュアホワイトが栽培できました。

さて、台風11号通過後、連日の曇天と雨が続き成長に影響ないか大変心配していました。

大雨洪水警報が発令される中、ピュアホワイトの出来をチェックするために初物を収穫
し状態を確認しました。

すると重さも粒のそろいも十分に出荷できる状態になっていました。

今週から天候が回復するようなので、収穫までのあと1週間ほど太陽の光をたくさん浴び、
糖度をグングンあげて欲しいと願っています。

 
難しいとされる無農薬栽培。
ピュアホワイトの株元には共栄作物(お互いの成長に良い影響を与え助け合うこと)
のエダマメ(茶豆)を植えています。
撮影用に皮を剥いたピュアホワイトは、1歳の娘にすぐに食べられてしまいました。
前歯だけで口の周りに真っ白な果汁をつけながら完食。美味しい!笑顔に一安心。
ピュアホワイト | comments(0) | -

無農薬 ピュアホワイト栽培日記

一株に1本だけ残しあとは芽かきします。

 台風が近づいているので急いで、ピュアホワイトの芽かき作業をしました。

種まきから約80日。

ピュアホワイトの実からはひげが出そろい、徐々に実も大きくなってきました。

トウモロコシには通常2,3本の実がなりますが一本だけを残しすべての栄養を集中させます。

そうすることで甘い大きな美味しいトウモロコシができるんです。

種メーカによるとピュアホワイトの2Lサイズは1本380gから400g

我が家は昨年度450gサイズを収穫できました。糖度はこれもメーカーの基準を上回る19度を記録しました。

今年の目標は500g超えの、糖度20度です。

標高1000メートルの畑の自然環境(日照時間と寒暖の差)が産む奇跡を期待します。

あと10日ほどで初物が収穫予定で楽しみです。

皮をむいたベビーコーンはゆでたり炒めたりしていただきます。

まるで天蚕の絹糸のように美しいピュアホワイトのひげはお茶にしていただきます。


大きめの実や皮はヤギの大切なエサになります。

ピュアホワイト | comments(0) | -

山之村産「ピュアホワイト」明日、初出荷!!

パールホワイトの実がびっしり詰まった「ピュアホワイト」


 山之村産、幻の白いトウモロコシ「ピュアホワイト」が明日25日(日)にいよいよ
初出荷を迎えます。

昨日は大雨警報が出るほどひどい雨でしたが、今朝は雨も上がり青空も顔を出しました。

畑のピュアホワイトは、久しぶりの天の恵みを受け初出荷を前に生き生きと育っていました。

出荷前の品質最終チェックのため、数本を収穫し実の入り方と糖度を調べました。

皮をむくと、真っ白に輝いたパール色の粒がびっしり詰まっています。

まず生で試食。

口の中でプッチとはぜ、甘い果汁に思わずニコリ。

そのあとクリーミーで濃厚なトウモロコシのうま味が口いっぱいに広がります。

さて、いよいよ糖度の計測です。

糖度計に専用絞り機で果汁をたらし、計測ボタンを押すと・・・。

19度!

ついに18度の大台を超えました!!

これで明日は予定通り出荷することに決定。

商品は山之村キャンプ場前の「夕顔の駅」と天空の牧場「天空の牧場 山之村」レストランにて販売致します。

時間は午前10時頃を予定しています。

夕顔の駅では、試食を用意し私も出向きますので是非お立ち寄りください。

それでは、明日のお越しをお待ちしております。

ついに糖度19度を記録しました。明日の初出荷を前に3か月間の苦労が報われます!

ピュアホワイト | comments(0) | -

山之村産「ピュアホワイト」が奇跡を起こす!

試食用に収穫した「ピュアホワイト」本当に真珠のような美しい白さです。


当地は標高が約1,000mあり、夏の寒暖差が15度以上の日もある中部地方

でも少ない気候条件を生かし「ホウレンソウ」の高冷地栽培として有名なです。


この寒暖差のお陰で、当地でできる野菜は皮が軟らかく甘いと地元朝市では評判です。


そんな気象条件を生かし、 山之村で最高に美味しいトウモロコシ作ろうとはじめた

幻の白いトウモロコシと呼ばれる「ピュアホワイト」の栽培も、いよいよ収穫時期

を迎えました。



今や「ピュアホワイト」はインターネットやテレビでも紹介される大人気商品。

栽培条件が限られるため、北海道など産地が限られ、市場に出ることはめったないため

スーパーなどには並びません。



そのため幻の高級スイートコーンとして、人気が沸騰しているのです。

当農園は山之村でも最も標高が高い標高約1,000mの南斜面の日当たりのよい圃場

で野菜を栽培しています。



今は休耕田ですが、以前は山之村で一番お米がとれた田んぼとして有名な土地です。

そんな、好条件の畑で「ピュアホワイト」栽培をスタートさせました。



5月中旬、完熟堆肥を通常の2倍以上畑に漉き込み栽培が始まります。

6月の雨不足で発芽不良というアクシデントに見舞われたものの、後から播種した

苗がなんとか活着し、7月下旬にはトウモロコシの実となる雌花から一斉に白い

ひげが出始めました。



あれから一月あまり、より甘くうま味のある「ピュアホワイト」に成長させるため

週に一度くらいのペースで追肥をしました。


完全無農薬で栽培するため大敵のアワノメイガを駆除するため、ピンセットを持って

畑に出向くこと十数回。



種まきから今日までほぼ90日、毎日畑へ通いました。


 
収穫間近に大敵のイノシシやタヌキ、カラスなどの野生動物から守るため電気柵

や防鳥ネットをはり、先日ようやく初物を収穫しました。


 一番気になるのはやはり甘さ、糖度です。美味しい美味しいといっても数値で

表さなければ、消費者は納得しません。



そこで大変高価なのですが、糖度計を購入しました。電気柵・糖度計・堆肥に

ポンプなどすでに20万円以上出費して栽培する私に、家族はあきらめ顔・・。


でも、手間をかければきっと結果は出ると信じて「ピュアホワイト」と向かい合った90日。


いよいよ、その結果が糖度計のデジタル数値に現れる瞬間です。


「ピュアホワイト」の粒を専用の絞り機で絞ると、真っ白なミルクのような果汁

が糖度計のプリズムにしたたり落ちます。


そして、計測ボタンを押すと・・・。


なんと、「糖度18.5度」を計測しました。


その後何度か試しましたが17度後半から18度と予想を上回る結果に、家族みんなで
大喜び!


完熟するまであと数日はありそうでしたので、さらに今後の期待は膨らみます。


さて、この「ピュアホワイト」ですが、今年は試験的に栽培したので500本ほどしか

ございません。



山村留学に訪れた子供や、知り合いなどに配ると一般の方に頒布する数がないのですが

数量限定で販売致します。



山之村産「真珠のように白く輝く幻の「ピュアホワイト」」を、



8月25日(日)天空の牧場山之村レストラン夕顔の駅売店で販売します。



両店舗とも、朝どれの新鮮な「ピュアホワイト」を午前10時頃出品しますので

希望される方は御足労ですが山之村まで足を運んでください。



ネットでも販売致しますが、両店舗では地元サービス価格で提供しますのでお楽しみに!



【ピュアホワイトの栽培記録90日】

5月中旬、北之俣岳にはまだ雪がたっぷり残っている頃。完熟たい肥をたっぷり畑に漉き込みます。


6月の雨不足で発芽不良もありましたが、水撒きを行い何とか困難を乗り越えました。

畝間にたっぷり灌水しているところです。

「ピュアホワイト」栽培敵地の標高約1,000mの農地。

畑の栄養状態と水管理が良く、一粒の種から株がこれほど多く分かれています。

8月下旬、大きな葉で太陽の日をたっぷり吸収し栄養を実に蓄えます。収穫期を迎えた「ピュアホワイト」の実は一段と大きく膨らみます。


カラスよけのネット前面にかけます。ピュアホワイトの条間には相性の良い枝豆「だだちゃまめ」を混植しています。(コンパニオンプランンツ)

糖度計と果樹絞り機。水を入れ糖度をゼロ設定しいよいよ計測です。

真っ白な真珠のような美しい「ピュアホワイト」の実をほぐし、絞り機へ・・・。さて糖度は

真っ白な果汁が計測部へ・・。なんと、いきなり18.5度という信じられない数値が出ました!!
ピュアホワイト | comments(0) | -

幻のトウモロコシ「ピュアホワイト」

山之村移住と同じく始めた野菜作り。

自給用野菜ですから無農薬栽培にこだわり、毎年大量の害虫と戦い
野菜作りに励んでいます。

形は悪くても、味は天下一品!

山之村でできた野菜は、全てがとても甘くうま味があるのです。

その理由は高冷地特有の寒暖差が大きいせいであることが、農家のみなさんに聞いて
分かりました。

夏のこの時期朝は18度前後まで気温が下がり、日中は30度を超えますので、その寒暖差
は何と15度!

近年、当地ではこの寒暖差を生かしてスイートコーン作りが盛んになってきました。

神岡の朝市に集荷すると、山之村産のトウモロコシから売れていくそうです。

どうやら、町のトウモロコシより甘みがあり皮もやわらかくておいしいと評判だそうで、
週末にはすぐに売り切れてしまうということです。

私も自給用には栽培していましたが、今年は知人に配ったり販売用も含めて、例年より
多く作付することにしました。

そこで、悩んだのが品種です。

ご存知のようにスイートコーンは今や楽天市場でも夏の人気商品です。

その品種も多く「味来」「おひさまのコーン」「ゴールドラッシュ」など、種苗メーカー
がしのぎを削って新しい品種作りに力を注いでいます。

中でも近年人気なのがホワイト系のトウモロコシで、売りはフルーツのような甘さで
生で食せるらしいのです。

様々なホワイト系スイートコーンの中でも、栽培面積が少なく市場に出にくいという
「ピュアホワイト」という品種に目を付けました。

【その特徴は】

1.極めて強い甘みと、なんといっても珍しいのが、「真っ白なトウモロコシ」だ
というところです。


2.この白いトウモロコシを栽培するのはとても難しく、他の黄色いとうもろこし
の花粉が混ざらないよう、隔離して育てなければいけません。


3.果物のように生のままで食べることができその糖度はメロンの甘さを飛び越え
糖度19度になることもある。

粒皮は柔らかく、張りのある粒が口の中ではじけ「サクサク」「シャキシャキ」
といったような食感が特徴で、実はとてもみずみずしく、その白さと極めて高い
甘さからまるで実の一つ一つにミルクが満杯に詰まっているかのよう。

と、私の好奇心を燃え上がらせてくれました。

真珠のように真っ白なピュアホワイト

よし!今年のトウモロコシはこの「ピュアホワイト」で行くぞと決め、栽培方法
の情報集めに忙しい毎日を送りました。

その甲斐あって、雨不足による発芽不良や様々な困難を乗り越え、ようやく山之村産
幻のスイートコーン「ピュアホワイト」が収穫時期を迎えようとしています。

あとは、イノシシやタヌキ、カラスに捕られないことだけを祈って・・・。

楽天市場でも夏の人気商品です

ピュアホワイト | comments(0) | -
1